<< 秋の桜子絵日記 ネタ箱編 ソノイチのその//
檸檬絵郎様の塗り絵企画、勝手に企画ー。 >>
タイトル詐欺詐欺、キイロとおれんじ 
2019-08-28 13:07:30  | コメント(3)

(  ̄▽ ̄)スッパい総督閣下からのネタ。タイトル詐欺でーす。


マリーゴールドは酷使される

 近年コンパニオンプランツで有名なマリーゴールド。フレンチ、アフリカン、レモン、様々な品種があるのは、ホームセンターで種袋を見れば一目瞭然。


 何しろ丈夫、真夏を乗り越え、霜が降りるまで元気溌剌に花を咲かせる。流石は聖母マリアの祭日に産まれた花、マリーゴールド。


 畑で作業をしていて、うっかり鎌で数本刈ってしまった、棄てようかと考えたが、黄色にオレンジ、ビタミンカラーの夏の花が惜しく、家に持って帰り、ありあわせのグラスに生けた。

 香りが強い。花も茎も葉も全てマリーゴールドの香り。握り帰ってきた手も、その香りが染み付いている。手を洗う、香りが満ちる、蛇口から降りる水。シンクに出来る水の流れ、水とマリーゴールド。太陽の光とマリーゴールド。キイロとおれんじ。

 キッチンの窓近くに置かれた、キイロとおれんじ、人間の営みが終わり、灯が落とされ、セレニティの光がふありと二人を包む。

 透明なグラス述中に射し込む清らかな光、水がクリアになる。女神の力が淡く混ざり、糧を吸い込み、花の記憶が蘇る。昔はるかオリンポスの時。


 まぁ……!あなたもあのお方を。


 キイロがさめざめとおれんじに話す。


 うん………そうなの


 おれんじがしんみりと答えた。


 二人はアポロンに恋したニンフと、美少年だった。


 女神が微笑む。夜長話しをしてもらいましょうと、空からそれらを眺める。




 キイロの物語。 


 セレニティは空から眺めていた。


 地上の色恋、原色の様なあれこれ、わたくしとエンディミオンとはまるで違うから騒ぎ。どうしてそうなるの?


 女神は優雅に、そして無邪気に見下ろしていた。



 ああなんて事を、私はなんてことを、クリスティは駆けつけた場所で地に伏せた。掘り起こされた湿った土の匂いが、禍々しく彼女を包む。

「どうすれば、どうすればいいの?ハデス王の元に逝ってしまえば、もうこちらにはもどって来れない。ああ、私は彼女にどう償えばいいの?苦しかったてましょう、苦しかったでしょう。王女レウトコエ、父王に生き埋めにされるとは」

 許して。こんなつもりではなかったの、人間の娘なのにあのお方のお心を掴んで離さない、貴方の邪魔だったの。だから、人間の娘は、人間の男の元に嫁げばいいのに、そうしたら私を見てくれるかもしれないって。 

「私よ、私が貴方とあのお方の事を、王に告げ口したの、二人は恋仲だって、貴方は塔に閉じ込められた。明かりが入らない、塗り込められ中に」

 それで時がすぎれば、胸に焼き付く炎が薄くなるまで、二人が離れていたらと、なのにどうして?なぜなの?捉えて、一夜と経たずに土の中に、墓穴を掘るための時を稼ぐ為に閉じ込めたの?

 許して、気高く美しい王女レウトコエ、愚かな私を許して、アポロン様と貴方の中を羨んで、くだらない横槍を入れた私を許して。

「許してくれないわ、アポロン様は私のことを、許してくれないわ、くれないの………アポロン様の、愛しい人を殺してしまったのだから」

 さめざめと泣くクリスティ、ニンフの彼女は太陽神、アポロンに恋こがれていた。埋められた大地の上に座り込む。やがて時が動く。


 セレニティは姿を隠した。アポロンが姿を表した。どうなるのかしら、女神は夜を待つ。


 夜が来る。

「まあ、あの娘あの場に、日の下で、ずっと空を眺めていたの………」


 座り込んた場所そのままな姿。それは次の日も、次の日も、微動だにしない。動かないクリスティ、アポロンをじっと眺め続ける。


 やがて彼女の髪も、体も次第に黄色く染まっていった、


 九日の日が沈んだ、セレニティはそろりと地上を見る。クリスティの姿はそこにはなかった。


 黄色いマリーゴールドが空に顔を向けて、夜風に揺れていた。

i403666

 おれんじ「そんなことがあったの、僕は違うけれど」


 キイロ 「許してもらえるのかしら、私酷いことをしてしまったの、とてもトテモ、愛していたお方に、だから、だから、ずっと眺めていたの、貴方はどうして?」



 おれんじの話

 そういえば、何日も何日も雲が空にかかっていた事があったわね。セレニティは、おれんじの話に耳を傾けながら、懐かしく昔を思い出しました。

 ゼフィロスが旅の途中で、女神に教えてくれました。空がここ数日厚い雲に覆われている理由を。

「まぁ、そんな事が?彼はどうなりましたの?」


 女神は無邪気に、地上の話を楽しむ。



 クレムノンは、美しい少年でした。彼はいつも空を見上げていました。彼は太陽神のアポロンに、密かな想いを寄せていたのです。

 アポロンは空から彼を眺めていました。彼もまた、いつしか美しいクレムノンの事をそれを知り、姿を日々眺めるにつれ、恋しく想っていたからです。優しく彼を見るアポロン。

 心を込めて見上げている美しい少年。二人の甘い時、それを、よく思わぬ者がいました。白き衣、茜色の衣、時に黒き衣をまとう、雲の女神です。

 空には、わたくしというものもいますのに、あんな人間の子供に、おもしろくありませんわ、少し意地悪をしましょう。

 女神はイライラとしながら手をひとふり、彼女の子供達がもくもくと姿を表します。空を覆いなさい、厚く、厚く覆い尽くしない、地上に太陽の光が差し込まぬように。女神はそう命じました。

 雲が二人を遮りました。毎日、毎日、黄金の光を恋い焦がれ、切なく空を見上げ続けるクレムノン。アポロンの神殿の前で、空に祈りを捧げました。眠る事も、食事をする事も何もかも忘れて祈り続け、やがてそのまま冷たい眠りにつきました。

 憂さが晴れたのか、雲が消えます。明るい日差しが地上に届きました。地面に伏せる少年の姿を、温かい光が包み込みました。

 哀れに思ったアポロンが、彼をオレンジのマリーゴールドの花へと姿を変えたのです。




i403665


 キイロ 「まあ、なんて可哀想な………」

 おれんじ「うん、気がついたら花になってた」


 キイロは、過去の罪を思い出し、体を震わせました。

 おれんじは、寂しかった時が胸にきて、ふるふると、揺れました。



 月が中天を過ぎ、時が進んで行く。差し込む光が逃げげた。キイロとおれんじは、夜明けを焦がれる。ほんの少し思い出した今なら、思いの丈を届けられると思った。

 セレニティは、クスクスと笑う。過ぎ去った過去は、取り戻せないのだから、美しい思い出と共に、眠りにつけば良い。エンディミオンの様に。


 それにしても………多くの言葉を持つ花。

 花言葉は、一途な愛、悲嘆、絶望、可憐な愛情、予言、真心………そして、勇者。



 コンパニオンプランツ、マリーゴールド。聖母マリアの祭日に産まれた花。

 土中に住む、ネコブセンチュウに、その身に含まれる成分が効くというマリーゴールド。

 美しく花を咲かせた後も、春に咲く蓮華草の様に、花が終えたら、畑に漉きこまれる。


 そして、次の季節をまた彩る。

 


ひまわりといえば……

ハロウィンいたずらイラストでご一緒だった、銀しゃり役のすみのさんの、『冬のひまわり』というのもありますぜ( ̄▽ ̄)
「アートの借景」企画 参加作品です〜
投稿者:檸檬 絵郎  [ 2019-08-29 23:42:27 ]


檸檬様

マリーゴールドちゃんで書こうとしたら、ネタが出てきてwww、ヒマワリの方がイメージに、あいますよねぇ、アポロンとの相性もバッチリだし。

ヒマワリといえばゴッホを思い出し←何故か夏はゴッホに会いたい………、そういえば、我が家はヒマワリ育ちにくいのですよー、夏が短いからか、うまく育たないですねー。しかし車でしばし飛ばせば、ニュースで取り上げられる、ヒマワリ畑にたどり着くので、←早朝に見に行きますよー。


え、もう枯れてるとは、早!



投稿者:秋の桜子  [ 2019-08-29 23:30:14 ]


見事なタイトル詐欺だ( ̄▽ ̄)

ところで、クリュティエの神話って元々マリーゴールドなんですね。ヒマワリで覚えていましたが、それは後世になってからなんですね。
イタリア映画『ひまわり』を見て、ひまわりの花に込められたメッセージを本で知って、こんなのわかんねーよと思った覚えがありますが、神話を知っている西洋人には当たり前の話だったんですね。神話を知ってからはもう、ひまわりというと切ないイメージです。
先日、茶色くしおれたひまわりを見ました。なんだか素朴で美しくて、感動しました( ̄▽ ̄)
投稿者:檸檬 絵郎  [ 2019-08-28 22:27:15 ]