<< 何ですと!それっすか!
檸檬絵郎様のネタを使っちゃう回 >>
手にするかどうするか、それが問題だ
2020-01-13 19:39:38  | コメント(4)
連休中、僕は時間を持て余しお気に入りの古本屋へと足を運んだ。店の名前は『無限堂』時を閉じ込めた様な香りが、そこにはある。

店主の彼女は、いらっしゃいませとも言わない、レジを置いたアンティークのデスクセットに陣取り、お気に入りの書籍のページをめくっている。

からりと戸を開け入れば、静かなる空間。先人達の息遣い、紙にペンを走らせる音が蘇り、聞こえてくるような魔力を感じる。

壁一面は、きちんと背表紙をみせて並べられている書棚。その前には平積みの書籍。雑誌、漫画、写真集、絵画……ありとあらゆるジャンルがある。

誰かの為に買ったもの、飽きたから手放されたもの、コレクターにしまわれ、その束縛から、死により手放されたもの、多々にある世界。

さぁ、わくわくとしながら僕はお気に入りの一冊を探していると……それに目があった。


i434011

檸檬、その書籍の世界を思い出す。確か本屋で戯れで果物の檸檬をひとつ、書籍の上に置いたというお話だ。

檸檬だ。レモンだ。シトロンだ。黄色いビタミンカラー、仄かに香りも漂う。弾ける様な香りは、まさしくビタミンCのそれ……。

しかし、ウトウトとそれは眠っている。うとうとと銀の髭を揺らして、本の上でうたた寝をしている。

なぜに?レモンにいつから頭部があるのだろう、僕はまじまじとそれを観察する。どう見てもその頭は………

ネコ?猫、(ΦωΦ)、(=^・・^=)だ。しかし身体は果物………。

ネコレモンとも言うのだろうか、書籍に閉じ込められた、時の魔力が、誰かに戯れで置かれた檸檬に、不可思議なモノを与えたのだろうか。

ふあふあとした毛並みの頭。撫でてみたいという欲求がこみ上げる。しかし身体は果物のみずみずしさと艷やかさがあ
る……。

足は……あるのだろうか?疑問が出てくる。香箱猫の様に、四肢を腹の下に入れているのだろうか。

手に取りたい……、しかし……、怖さもある。

クスリ、微かな笑いを立てた店主。

ああ、それを手にするかどうするか、それが問題だ。





ネタ元の


無限堂 ハルノ様に捧げまーす。↓作品です。

https://ncode.syosetu.com/n9005fy/


あと、
(  ̄▽ ̄)ネコさま、ご苦労様でした。

ちゃんちゃん♪

怒られたらどうしましょーwww







 


おハルさん

色々と、ありがとうございます。
本の上に乗ってたら面白いだろうな←(≧▽≦)、あれこれ考えてると、農家で育ってるネコブドウとかも出てきましたよ。リンゴネコ←白雪姫とかに出したら面白そうですよねーwww



投稿者:秋の桜子  [ 2020-01-14 07:20:09 ]


あらまあー、これは……無限堂の世界に入り込みましたよー。文章内独自の時の流れがありますね。何て言っていいのか分かんないくらい、嬉しいなあ。
投稿者:無限堂 ハルノ(佐々木 龍)  [ 2020-01-13 20:59:18 ]


檸檬様

(ΦωΦ)フフフ…それは秘密なのです。私のスマホは、スペックが高いのです←なろうやみてみんするのをみて、娘がこれを使えとチョイスしたブツです。

(  ̄▽|チラ。  ←覗き見レモン様

_| ̄|▽il||li。  ←がーんなレモン様


♪。・゜・(  ̄▽ ̄)・゜・。♪ ←ご機嫌様とか






投稿者:秋の桜子  [ 2020-01-13 20:16:36 ]


ん?
あきさくさんのスマホ、まさか……

まさか、「レモン」と入力すると「( ̄▽ ̄)」と変換されるように、辞書設定されてるのか……?
投稿者:檸檬 絵郎  [ 2020-01-13 19:51:59 ]